加藤雅浩オフィシャルウェブサイト【岐南町議会議員 加藤雅浩(かとうまさひろ)】

独自課税

インターネットでいろいろ調べているうちに、独自課税を実施している自治体にたどりつきました。なかでも、東京都豊島区の「狭小住戸集合住宅税」(通称:ワンルームマンション税)は、なかなか面白いです。

平成16年6月1日から法定外普通税として導入していますが、区内におけるワンルームマンションの建築等について、建設主に9戸以上以上につき1戸50万円の税を課します。


 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 


この税は、狭小な住戸を有する集合住宅の建築を抑制し、得られた税を良好な住宅供給の支援に投入することによって、ゆとりある住環境を実現しようとするものです。

 区内の最近の世帯構成は、全世帯のうち単身世帯が約56%という偏った状況になっています。また一方では、区内の住宅で30平方メートルに満たない集合住宅の占める割合は約40%にもなり、いずれも23区で最も高くなっています。
 偏った世帯構成の背景には、居住したくてもファミリー世帯向けの良質な住宅が少ない、という区内の住宅事情が反映されています。単身者向け住宅ももちろん必要ですが、狭い形態ばかりに偏った住宅の供給は、地域の構成員を限定させ、子育て、教育、福祉、町会活動など、多様な世帯が協力して地域ぐるみで行うべきまちづくりに将来、重大な支障をきたすことが懸念されます。

 そこで、一定戸数以上の狭小な住戸を有する集合住宅を建築しようとする建築主へ課税することにより、負担が重くなるという状況を作り出すことで、1戸あたりの面積が少しでも広い住宅の供給を誘導していきます。
東京都豊島区HPより)


| 2010年07月08日 23:18:39 | 政 策 |


まちづくりと定住化

岐南町は交通の便も良く、岐阜や名古屋の通勤圏でもあるので、人の出入りがとても多い。毎月100人以上の転入出があり、安定した行政運営をしていく上においても、定住人口を増やす施策が必要となる。

「ソフト整備」と「ハード整備」、「現住町民満足策」と「新規町民獲得策」、「直接支援」と「間接支援」などいろんな手法、考え方、目的がある中でどれを選択していくのか。町づくりに対してのさまざまな提言がある中で、お金のかかる話がもっとも多い。

当たり前と言えば当たり前の話ですが、要望に対して税金を使って、要望が通れば喜ばれる。一般的に住民は、予算のことはよくわからないので議員や町に対して要望をして、それが出来たか出来なかったかが選挙の時に判断基準となる。側溝や道路補修でポイントを稼ぐ人が「ドブ板議員」と言われる所以である。

それはさておき、特定のごくごく限られた住民は喜ぶし選挙の票にもなるので、それはそれで大事だとは思いますが、瞬間的かつピンポイントの人だけでなく、「ドブ板議員」的発想から抜け出して、税金をあまりかけない方法で、定住人口を増やす方策はないのだろうか。有権者への訴求力は弱くても、町づくりを語る上での基本となるものはやはり大切にしていきたい。

アプローチは二つ。
「現住町民満足策」
「新規町民獲得策」

今日は後者の「新規町民獲得策」について少し。

行政サービスは地方交付税制度などがあって、財政力がそのまま行政サービスの優劣とはいかない。基本的には全国で均一のサービスが保証されているため、どこかの自治体が抜きんでて良いということがあまりない。

しかし近年、「地方分権」とか「地域主権」ということが盛んに言われるようになり、多少はそれぞれ地域間の格差が出やすい制度へと移りつつある。

生活環境の変化や交通網の整備などで、通勤圏が大きく広がり、どの町に住むかという選択肢の幅も広くなった。特に岐南町のような小さな町で周りに岐阜市、各務原市、笠松町、川を越えれば愛知県一宮市と囲まれていると、それらの自治体との競争に勝ち得る魅力がないと選んでもらえない。


ブログランキング・にほんブログ村へ


そこで、まずは入口から。

これはもうすでに笠松町でも行われている事業ですが、「定住促進助成金」という制度。
一言でいえば、
「町内に家を建てる人には、固定資産税を3年間免除しますよ。」

新築に限定しているところがミソ。
現況何もないところに人が住むようになればプラス。
数年後には固定資産税が入ってくるようなるのでプラス。
既存の建て替えを除けば、持ち出しはゼロ。

これだけでも笠松町関係者の証言によると、「景気が悪い状態の中でも前年度並みの新築件数があったので、一定の効果はあったのではないか。」とのこと。

ただ、右に倣えで同じことをやるだけでは、「まちづくり」のスパイスが効いてないので、これに地域と用途を付け加える。住宅地域や、商業地域、工業地域など、用途に応じて建てられた物件に対して助成することにより、地域の色分けをハッキリさせる。

ざっくりとした話ですが、検討してみる価値はあるんじゃないでしょうか。
いいものは取り入れ、アレンジすることで町の独自性を出していく。

ご意見お待ちしております。


| 2010年04月30日 23:46:57 | 政 策 |


1 |


プロフィール

昭和53年6月15日生
岐南町立岐南中学校 卒業
鶯谷高等学校英進科 卒業
大阪学院大学法学部 卒業

26才で岐南町議会議員補欠選挙に挑戦し、初当選。議会最年少の議員となる。現在4期目。

29才で岐南町議会副議長に就任(全国最年少)
31才で岐南町議会議長に就任(全国最年少)

カレンダー

<<   2019年 08月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31