加藤雅浩オフィシャルウェブサイト【岐南町議会議員 加藤雅浩(かとうまさひろ)】

議会改革への取り組み

11月20日(火)〜22日(木)までの三日間で議会視察に行ってきました。

これまでの2年間、議会でも議会改革検討会を立ち上げ取り組んできた、議会改革についての先進地視察です。

1日目は、大阪府豊能郡能勢町に行き、長尾副議長、原田環境教育常任委員長、中植広報特別委員長により能勢町議会の現状報告を受け、意見交換を行いました。
2日目は、兵庫県多可郡多可町に場所を移し、山口議長、大西議会改革調査特別委員長から説明を受け、前日に引き続いての研修・意見交換を行いました。

「町民の求める議会像とは何か?」という根本から、「そのためにすべきことは何なのか?」という取り組みについての実例を交えながら、それぞれの町ごとの取り組みを聞きながら、やはり個人のレベルアップもさることながら「議会」全体のレベルアップが最も重要だということを改めて認識しました。

それは、議会の情報発信力をつける必要があるということ。
議会活動はとても地味な活動なので、こちらから“わかりやすく、多面的に”発信しないと、“多くの方に、正確に”伝わりません。
今は、議会として「議会だより」のみですが、議会だよりの紙面充実に合わせて別のツールでの情報発信も必要になってきます。
古い慣習でやってきたことも、時代の変化とともに変えていかなければならない部分もありますが、議会の改革ではどうしても「出来ない人に合わせる」と進まないこともいくつかあります。
たとえば、議会のインターネット配信や、ホームページの充実、フェイスブックなどのSNSを活用した情報発信のIT化、各地区ごとで実施する議会報告会や意見交換会など。

挙げればきりがありませんが、何はともあれ議員も住民も、「議会のレベルアップが住民サービスの向上に直結する」という認識を持つことが必要です。


| 2012年11月28日 17:23:59 | 日 記 |


岐阜☆青年議員ネットワーク

県内の50歳以下の市町村議員が党派を超えて、定期的に研修会や視察、情報交換、意見交換を行っています。

今回は、可児・美濃加茂の議員が幹事となって、ヤイリギターの工場見学と可児市想像文化センターの視察、美濃加茂に会場を移しての講演会2発と内容盛りだくさん。

ヤイリギターは国内外のビッグアーティストが愛用する、有名なメーカーです。すべて手作りで職人の技が光る秀逸な作品ばかり。ギターは弾けませんが、欲しくなります。
大きな工場ではありませんが、世界を相手に確固たる地位を築いているのはまさに「モノづくりニッポン」の技術力。

可児市想像文化センターは、大小2つのホールがある大型の公共施設。この施設の特徴は、国内でも有数のステージの広さがあり、いかなる公演も可能な設備が整っている点だと思いますが、観客席が若干少なめなのがおしいです。
岐南町でも中央公民館の建設計画がありますが、芸能・文化を育てていこうとするならば、観客席数もさることながら、ステージのサイズにも少しこだわっていきたいと思います。

その後、美濃加茂に会場を移して、「虫の目、鳥の目、魚の目」で見る時代の潮流と題して、グレーターナゴヤを提唱している、中部大学教授の細川昌彦さんの講演と、竜馬プロジェクト全国会会長の大阪府吹田市議会議員の神谷宗幣さんの講演を聞いてきました。


| 2012年10月22日 17:56:02 | 日 記 |


ぎふ清流国体・ぎふ清流大会炬火リレー歓迎式

いよいよ国体開催が迫ってきました。県内各地をつないできた炬火リレーも岐南町まで到着。

岐南町で開催される、なぎなた競技会のポスター入賞者表彰式と炬火等の受け渡し、チームミナモのミナモダンスで盛り上げました。

30日(日)には、なぎなた競技会場に天皇陛下がお越しくださるので、岐南町にとって思い出深い大会になると思います。


| 2012年09月10日 10:38:02 | 日 記 |


みこしを被災地へ

これまでぎなんフェスタで活躍してきたイベント神輿ですが、担ぎ手がなかなか集まらず、ここ数年は中央公民館に保管してあるだけでした。

そこで、「被災地で活躍してもらえるならば」ということで寄贈することになりました。

宮城県の東松島市と名取市へ輸送するため、慎重にトラックに積み込んでます。


| 2012年08月08日 17:46:50 | 日 記 |


香川県宇多津町と災害協定締結

今日の読売新聞に宇多津町との災害協定の記事が掲載されました。

昨年の東日本大震災直後にボランティアとして現地入りし、避難所運営の話など大規模災害直後に行政がどのような対応をすべきかを学ばせていただきました。

1つの小さな自治体ではその能力に限界があります。ましてや大規模災害時には、情報やヒト、モノ、カネは自然と規模の大きな自治体、避難所に集まっていき、末端まで届くには時差が生じる事もこの目で見て来ました。

そこで、同じような規模の自治体同士が災害時にヒト、モノ、カネを迅速かつ直接届けることが出来る関係を築けばその時差を少しでも縮められると考えて、これまでも議会で交流のあった香川県宇多津町議会に事務局を通じて内々に打診してもらいました。

すると、宇多津町議会として前向きに検討し、すぐに岐南町へ行って意見交換をしたいとの申し出をしていただきました。

その後、コンパクトタウン議会サミットなどの様々な交流をする中で互いに信頼関係を構築し、無事に災害協定の締結に至ることが出来ました。

災害など何もない事が一番ですが、万が一に備えて普段から遠隔地の自治体とも交流をはかっていきたいと思います。


| 2012年07月19日 12:20:02 | 日 記 |


岐阜☆市町村青年議員ネットワーク総会

県内50歳以下の議員が会員となって、意見交換や勉強会を開催しています。

各務原市役所での総会と、航空自衛隊岐阜基地の視察に行ってきました。

ペトリオットミサイルPAC-3の見学や基地指令の講演を聞き、国防についての意見交換を行いました。


| 2012年07月03日 16:58:02 | 日 記 |


岐南さくら南保育園 開園式

町立南保育教育園がこの4月から民営化され、岐南さくら南保育園になりました。

西小学校区が対象で岐南町最多の園児が通うこの保育園は、 岐南さくら保育園の運営でも実績のある社会福祉法人豊誠会が運営しています。

民営化されたことによって、保育サービスの向上や町の財政負担軽減などの効果が得られています。


| 2012年06月23日 11:55:02 | 日 記 |


 1 | 2 | 3 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 次を表示 


プロフィール

昭和53年6月15日生
岐南町立岐南中学校 卒業
鶯谷高等学校英進科 卒業
大阪学院大学法学部 卒業

26才で岐南町議会議員補欠選挙に挑戦し、初当選。議会最年少の議員となる。現在4期目。

29才で岐南町議会副議長に就任(全国最年少)
31才で岐南町議会議長に就任(全国最年少)

カレンダー

<<   2019年 02月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28