加藤雅浩オフィシャルウェブサイト【岐南町議会議員 加藤雅浩(かとうまさひろ)】

年度末

3月議会も終わり、役場も人事異動が発表されました。
これまでお世話になった、鷲見副町長も県へ戻られ、新年度からは新たに岐阜市から坂口副町長をお迎えすることになります。

内部昇格も検討したようですが、引き続き外部から人材を入れることで組織にまた新しい風を入れ、活性化させることも必要ではないかとの判断で同意しました。

新年度は、対前年度比▲4.0%の61億4千万円の予算となります。
今年度から引き続き、自治会絆づくり交付金などの継続事業のほか、新規事業としていくつか予算計上されています。

≪主な新規事業≫
【新庁舎建設事業】
平成25年度の着工に向けて建設設計を行う。

基金と補助金を合わせれば財政上の負担も少なく事業を行える。耐震強度が不足しているので、東南海地震における想定最大震度5強~6弱に耐えられず、災害対策本部としての機能が果たせない。東日本大震災のボランティアで感じたことは、拠点がダメージを受けた自治体の対応は遅れるということ。

【協働事業補助金】
団体提案型と町提案型の2種類あり、町民等の組織する団体が、町の提案する課題(町提案型)と自ら関心ある地域の課題(団体提案型)を、自らが考える最適な手法や発想によって解決していく機会を提供する目的。

一般質問で行っている「新しい公共」に向けての取り組みの初期段階。

【空き店舗対策事業補助金】
町内全域を対象に1年以上空き店舗となった店舗の内装・外装修理に係る経費の1/2を上限50万円として補助する。3年間の時限立法。

空き店舗を減らし、新規出店業者が増えることで、雇用が生まれ、間接的に税収が増える可能性がある。スクラップ&ビルドを繰り返す、力強い町にしていく必要がある。

【校内LAN整備事業】
小中学校のすべての教室に無線LANを配備するとともに、庁舎の電算室に学校専用サーバーを設置し、各学校間を地域イントラネットで結ぶ。

設備投資に多額の費用がかかるのと、無線LAN規格が変化し続けているので、学校の利用実態をよく考えながら適切な投資をしていくことが必要である。

【ぎふ清流国体実行委員会補助金】
平成24年9月30日(日)〜10月2日(火)に、なぎなた協議会を開催します。

【南保育教育園民営化事業】
南保育教育運営を社会福祉法人豊誠会に移管し、さくら南保育園とする。

【エコステーション委託事業】
新庁舎建設にあたり現在のエコステーション施設等が解体されるため、新たな施設を確保する必要がある。

10月から高島衛生工業(有)へ委託するので、場所が変わります。
広報紙等で新しい場所をご案内しますので、しばしお待ちを。


| 2012年03月29日 13:44:22 | 日 記 |


1 |


プロフィール

昭和53年6月15日生
岐南町立岐南中学校 卒業
鶯谷高等学校英進科 卒業
大阪学院大学法学部 卒業

26才で岐南町議会議員補欠選挙に挑戦し、初当選。議会最年少の議員となる。現在4期目。

29才で岐南町議会副議長に就任(全国最年少)
31才で岐南町議会議長に就任(全国最年少)

カレンダー

<<   2019年 08月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31